Homare's Diary

組織人事コンサルタントの徒然日記です

安心感と無常観

年金支給を75歳まで繰り上げすると、80%が加算される。そもそも公的年金は支給金額が大してないから、65歳から支給されるより、75歳からもらう方が金額的に安心感がある。ただし、75歳まで働いて収入を得るアテがなければ絵に描いた餅。体力、気力、能力、稼得機会…これらを75歳までどう維持するか。

 


中で基本になるのが体力だったりする。結局、気力や能力は体力の上に成り立っているものだから、体力が衰えればそれ以外も自ずから下がってしまう。村上春樹さんがなぜランニングをし続けているかと言えば、長編小説を書き続けていく体力、気力の維持のため。

 

 

 

僕自身も大学時代に感染症で死に損なった身であるので、肉体に対する無常観はもともと強く、ことさら意識をするようになったのは独立事業主になった40歳の時。

 


一年ごとの契約。何かあったら自分はそこでお終い。プレッシャーに押しつぶされずに不倒距離を伸ばすには、体を維持しなければという意識が強くなった。酒はよほどの機会でない限り飲まない。筋力トレーニングやランニングもルーティンになった。

 


そんな自分から目についたのは、若さや肉体が有限という概念がなく、消しゴムのように浪費している人。果たして40代にして瞳の輝きも体の輪郭もぼやけ、50代で階段を駆け上がる体力も、未知のことに挑戦する気力も衰えている。一方で中小企業の経営者をしている義父は、70代半ばまでフルマラソンを走り、シャープな体と頭を80代半ばの今でも維持している。この差は、どこから生まれるのか。

 


それは大企業で終身雇用という羊水のように安心で快適な環境に長く身を委ねた結果なのだと思う。武勇伝のように健康診断の悪さをひけらかしながら、生活習慣を変えないという愚かなこともしない。なぜなら、自分の健康と能力に会社の命運と家族の幸福がかかっているのだから。

 


何かあると『安心・安全』。でもこれが無常観を忘却の彼方に押しやり、豊かな人生の終局を遠ざけているのであればこれほど皮肉なことはないですね。

楽園からの来訪者

ハワイから成人式のために日本に戻ってきた姪。直接会うのは3年ぶり。今ほど状況のひどくはない12月19日に帰国だったものの、長期隔離を年明けまで余儀なくされた。

 


それでも日本に戻ったのは一生に一度の振袖を着たかったから。やっぱり、女の子にとっては成人式は特別なものですからね。男だったらそこまではきっとしないだろうな…

 


彼女は成田に帰国してすぐに空港そばのホテルで3日隔離。そのあとは、我が家のそば人形町のホテルでの自主隔離としたものの、それもつかの間。陽性者が同じ機内にいたことから国からの要請で新宿のホテルに移動させられることに。いやはや、なんとも災難である。

 


隔離が解けて年初に彼女をホテルに迎えに行ったのだが、何ともすごい場所。ゴールデン街間近のディープなエリア。ホテルは綺麗で大きいのだが、周囲の小道には寒空の中に道で寝ているホームレスや徹夜明けまで飲み明かしたような若者たち。ゴミのすえた匂い。まずもってチョイスをしないようなエリア。

 


しかし、こんな大きなホテルができる前は何だったのだろうかと調べてみると、新宿コマ劇場の跡地だった。時代は変わるものである。このエリアで遊んでいたのは大学生の頃でそれ以来は全く寄りついてもいなかったけど…

 


久しぶりに日本に戻ってきた彼女に日本の印象を聞いてみた。

 


・建物がハワイと比べてすべて縦に伸びている

・街ゆく人の表情がない。みんな生きていることに不幸せそう

・ダーク系の服を着ている人が多い

・食べ物が安くて美味しい

 


表情がなくて不幸せそう…確かにそうかもね。日本だと大阪の人って街ゆく人の表情が豊か。だから、大阪の人が東京に出てくると人が冷たいように感じるって言うけどね。ハワイだったら余計にそう感じるでしょう。向こうだったら笑顔で気軽に話しかけてくれたりしますもの。

 


かなり前ですがワイキキをオーストラリアで買った『down under』とプリントされたケンドーン作のコアラ君がプリントされたTシャツを着て歩いていたのですが、それに反応して話しかけてくる人が複数いました。

 


『きみ、オーストラリアに行ったことがあるのかい?実は僕はオーストラリアから来たんだよ。いいねそのデザイン!』なんて具合です。

 


小さな赤ちゃんだった双子を連れて歩いていたときには、目がぱっちりした子供だったこともあって、『まあ、貴方にそっくりね』とか『彼の髪はパンクロック歌手みたいに逆立ってて凄いのねえ』とか。まあ、人懐っこい人が多い。皆リラックスしていて、互いに話しかける余裕にあふれているのです。

 


アメリカ東部とハワイで長く暮らしたかみさんがいうには、僕のようなマイペースでのんびりした人は、ハワイ向きよね…と。実際当人もそう思うわけですが、そんな楽園から日本に来た姪っ子が日本人は不幸せそうだ…というのも分かるのですよね。

下町の銭湯

幼い記憶が残るその時代は昭和40年代の後半。内風呂を持たない木造アパートが多かった当時の東京は、近所を歩けばそこかしこに銭湯があった。

 


杉並区方南で内風呂のある社宅住まいだった僕においては、近所の銭湯に行くのはちょっとした別世界への探訪。お風呂が使えなくて銭湯に連れていってもらえる機会がいつも待ち遠しかった。大きなお風呂に入って、コーヒー牛乳を買ってもらって。湯桶を片手に家路をサンダルで歩く。

 


その時の記憶がずっとあるからなんだろう。銭湯に行くの結構好きだったりします。

 


武蔵小山に住んでいたときは、近所に清水湯という天然温泉なのに銭湯料金のとてもいい銭湯がありました。これはこれで良かったわけですが、新川に来て一つ楽しみにしていたこと。それは下町情緒溢れる近所の銭湯に行くこと。

 


佃や月島はもっと銭湯が多い印象があったのですが、意外と少ない。近代化が進んで淘汰されてしまったのでしょう。

 


新年明け兼ねての考えを実行に移すべく、思案して自転車で行ったのがお隣の台東区東上野にある寿湯。浅草と上野の中間点である稲荷町駅のそばにあります。立派な瓦葺きで風格ある表玄関。浴室には立派な富士山。よきテルマエなり。

 


場所柄か栗唐模様を背中一面に羽織った方もいますが、お歳を召した年齢層が多い。自分が普段接しない人たちと間近に介する場所。そして懐かしく特別ないい気分。これが自分の中の一つの原風景。

 


もし、将来独りになってしまったら、近所にいい感じの銭湯のある街に住むの悪くないですね。ちなみに台東区は独り暮らしで65歳以上の人ですと月20回のチケットを無料で配布してくれるのです。どおりで…

 


千と千尋の神隠しには間に合うように帰りましたが、自転車で20分だとこの季節は湯冷めしちゃうね。

過ごし方で変わる時間感覚

旅で過ごす1日、いつもの週末の1日。


どちらも同じ1日。前者の1日が長く感じられるのに比べて、後者は早く終わっていく・・・そう感じる人は多いと思います。


慣れた同じようなことをしていると時間はあっという間に終わっていく。全く新しいことをしている時間というものは、長く充実したものに感じられるもの。引っ越しをして、始めて歩いた駅までの道はとても長く感じたのに、いつのまにかそう感じなくなるのです。


歳を取るにつれ1年が過ぎていくのが早い・・という人は多い。でも、それはルーティンの日常に明け暮れているからなのかもしれません。歳を取ったとしても、全く新しい環境で過ごす日々なのであれば、時間は長く感じられるのではないか?


住むところを変え、職場を変わり、マイナスの所から事業を立ち上げるとハイプレッシャーな新しい環境で過ごした1年は、果たして時間の流れはとても長く感じるものでした。この10年の中でも一番長い一年だったかもしれません。やっぱり、バージンな環境で過ごす時間というのは、年齢など関係なしに長く感じる。それが自分の中で立証されたわけです。


だから1年があっという間に終わってしまった・・と感じるそんな時には、慣れた環境をブレイクしてみるのがいいのかもしれませんね。

HR領域のデータ活用課題

紙やエクセルで処理していた業務をクラウドシステムに置き換えていくことは『効率化』という観点で大事なことだと思います。一方で、クラウドシステムを導入して業務が効率化しても、デジタルデータを活用した業務の『高度化』が出来るようになるかというとそうではなかったりします。


HR領域では『効率化』としてのクラウドシステムは百花繚乱。それなりに導入も進んでいるのですが、データを活用した『高度化』が行えている企業はほとんど無かったりします。その証拠に、『高度化』を謳い文句としているタレントマネジメントシステムを導入した企業が、退職率予測や適所配置、エンゲージメント向上に向けたPDCAを行えているかというと、皆無だったりします。(導入すればそういうことが出来るという営業にコロッとだまされている)


その理由は、採用、評価、育成といった個別業務最適化の視点でシステムが導入される一方で、導入時点の構想において蓄積データから付加価値を創造するという思想が全くないからです。


その発想が一ミリでもあれば、従属員属性で『データの名寄せ』をすること、テキストデータではなく『コード化』をするという発想が自ずからでてくるもの。マーケティングにおいては『名寄せ』と『コード化』なんてイロハのイ。だから、高度な分析を行いそこから新たな示唆や仮説を検証することが出来る。HRにおいてはデータはしょせん業務処理の副産物として生成されるものであり、貯めていけば何か出来るだろうという程度。


以前の会社で、人事データの分析を専門に行うセクションが創設されました。目の付け所は悪くないと思ったのですが、サービスの実用化の目処が立たず集められた人材も早期離職し雲散霧消。結果として3年で解散を余儀なくされました。原因は、貯まったデータをデータサイエンティストによって分析させれば、面白いものがでるはずだ・・という考えに立脚しています。


データサイエンスを行うには、前段階のステップとして『データエンジニアリング』と『データマネジメント』が成されていなければ価値を産み出すことが出来ない。いくら統計解析の専門家の腕によったとしても、名寄せもコード化もされていないデータをあまたおかれても、まともなアウトプットが出ないことは明々白々。


マーケティングの世界で活躍してきたデータサイエンティストは、前処理が行われた環境で分析をしているだけの『専門バカ』ですから、なぜまともなアウトプットを出せないのかの理由も明確に述べられない。果たして人事領域ではまともな仕事が出来ない・・という不満を挙げるだけ。統計学という高性能エンジンを持つスポーツカーは、綺麗に舗装された路面がなければ性能を発揮することが出来ないのです。


従業員を『個として扱うマネジメント』に昇華するためには、『名寄せ』『コード化』『一元化』が必須。ただし、このことを理解している組織・人事領域のスペシャリストがどれだけいるのでしょうね?同じ現象は行政サービスでも全く同じです。データリテラシーが低いのとセクショナリズムの壁に阻まれているのです。


政府がデジタル庁を遅まきながら設置してデジタルトランスフォーメーションを進めようとしているのと同じく、人事パーソンのデータリテラシーを向上させ機能縦割りの壁を打破して名寄せした一元データから価値創造をしていくことができないと、HRが第四次産業革命(industry4.0)のボトルネックになる状況は避けられないと考えています。

非日常の価値

就職して博多に赴任した長男。帰省には飛行機を使うわけですが、考えてみればこの1年以上国際線はおろか国内線にも乗らなくなった。送迎で羽田に行く機会はあるのですが、搭乗ゲートから先はいつしか遙か遠くの世界へ・・


かつては新幹線や飛行機に毎週山ほど乗っていたのにね。


常用していたANAは機内誌がなくなり全てアプリで閲覧できるようになりました。なおかつ飛行機に乗らなくても『翼の王国』が読めるのです。でも、これって座席に座って雑誌を手にとって見るからこそ有り難みも沸いたというもの。搭乗しなくても読めるのは良いけど、存在価値は間違いなく低下したでしょうね。昨年の3月に楽しみに読んでいた吉田修一さんの連載も終了してしまいましたし・・


その代わりなのでしょうか。今では機内でWi-Fiが無料で使えるようになったそうです。飛行機は電話もデータ通信も出来ない環境。だからこそ機内音楽や機内誌というメディアが俄然価値を持っていたわけです。でもこういう環境になると強制的にデジタル環境から隔絶されていた飛行機というのはある意味で貴重な空間だったのかもしれない。長男はそんなことを言っていました。


便利になるということは、非日常的な時間や空間が減少するということ。そうなると、大事なことは非日常となる時間や空間をどれだけ意識して創ることが出来るか・・ということになってきそうです。


今度移り住む鎌倉の土地は谷戸の立地ということもあるのでしょう。携帯電話がほとんど通じません。(せいぜいアンテナレベル1)データ通信のために光ファイバーは引くことになりますが、ある意味でこれは価値があるかも・・と思っています。

Car inspection Round9

2年に一度巡ってくる車検。満了日が1/15でいつもは年始にする車検を今年は年末最終日に通してきました。

 


東京陸運局でのユーザー車検も5回を数え、もはやベテランの域。ですが2年に一度だと段取りを結構忘れていたりします。この2年の間には、ミッションの調子が悪くなりATオイルの循環入れ替え、エンジンオイル漏れでガスケット交換など大掛かりなメンテや修理を余儀なくされました。

 


前回検査では、光軸ズレとウィンカーライトの『黄色』の脱色というチェックではねられたのですが、今回は指摘は一切なし。よって検査料の1800円のみ。昨日、駐禁切符切られてブルーだったけど今日はラッキー。

 


とはいえ今回の重量税は心なしか高い。後で調べてみると18年目からは重量税が上がるのだそう。ちなみに重量税は13年目と18年目に値上がりします。といっても、1.6tのV70において32,800円が13年目に45,600円、18年目に50,400円ですからたかが知れたレベル。

 

 

 

伊藤かずえさんの30年越しシーマは、日産がめちゃめちゃ気合いを入れたレストアをされて話題になりました。古い車は維持に金がかかるというのが日本人の常識で10年以内に買い換える人が多い。でも、知識を持って望めば20年くらいだったらコストをさほどかけず悠々乗り続けることは可能です。さて次回の車検までには何が起こるやら…