Homare's Diary

組織人事コンサルタントの徒然日記です

集中から分散社会へ

企画書作成で煮詰まった頭を冷やそうと、いつもは近所のオオゼキに自転車で行く食材購入を重いものものあったので車で二子玉川に出たわけです。


RISEで食材を買い終えた後、蔦屋家電でも眺めて気分でも変えるか・・と立ち寄ったのですが、STAY HOMEのせいか日中帯なのにお店に結構人がいるわけです。(まあ、そのうちの一人)


家で仕事をするのもなんだし、パソコンもってコーヒー傍らにPCを打っているという人が結構いる訳なんですね。まあ、その気持ちわからんでもない。でもね。PCで作業するのはいいとして、パブリックなところにコーヒーカップをおきっぱにして、それを飲みながらというのもどうしたもんだろう。


この光景を見るにつけ、思うのです。


都心の高層ビルのぶち抜きワンフロアの集合オフィスの果たす役割というのは、この状況下ではもはやない。一方で、小規模サテライトオフィスを郊外に設置する必要があるだろうと思うわけです。高速ネット環境も静粛な部屋も確保できない狭小スペースのなかに押し込められて仕事をしている人って相当にいるはずです。


特に若い独身者は、ワンルームだったりして。そんなところで、朝から晩まで画面とにらめっこしていたら滅入ってしまう。都会の中の「檻」にいては、カタルシスを得るところがない。やっぱり、こういう場所に来る理由はそういうこと。

 

隈研吾さんは、建築の歴史は「集中へ」という一言に凝縮されてきたが、その流れが「分散へ」に逆転するきっかけとなったのが今回の出来事だった言っている。

 

本来は、境界も壁もない自由空間を駆け回って狩猟採集に明け暮れていた人類は、集まって定住を始め、やがて箱の中に詰め込まれて労働を強制された。それが効率的であり、経済的であり、幸福であると信じ込められて。そして、都心の高層ビルで働くことがヒエラルキーの上位にいることを意味し誰も疑わなかった。本当はデジタル技術が集中を必要とせず、効率と幸福を可能にすることを示したにもかかわらず。


分散は、セルフメイドに繋がって空間の民主化、自分自身で作る途が開ける。ビルのように自分ではどうしようもない素材を使わなくても分散のセルフメイドの環境はそれを可能にする。そこには、「集中へ」において見失っていた効率と幸福があるのだと。


そうなんだよね。「分散」「田舎」・・そうすると自分が身を置く組織だってもっと小さいセルでいい。大企業に身を置いて都会で滅私して働く必要なんてないのだろうね。それが人の本来の姿なのだから。

学びは自由の翼

人が学ぶのは魂を表現し、能力を覚醒させることで精神的、肉体的、経済的自由を手に入れるため。それはリベラル・アーツの語源にもつながる普遍的なもの。


一方で日本においては年齢が増せば増すほど「学ばない」人の割合が多くなる。体系的に学ぶこと、新しい知識や経験を得る行動をせず、獲得した知識、経験の枠組みの中だけでいこうとする。しかも、「今の会社」という同じ土俵の中で。


人は本来自由を求める生き物。なのになぜ、自由を放棄するような生き方をわざわざしてしまうのだろう。それは、組織に属して称号を手にする「栄誉」こそが人としての幸せであり「成功」という刷り込みがあるから。


冷静に見れば、「栄誉」と思っていたものは、自由を奪う「重い足鎖」なのに。半沢直樹で出向があれだけネガティブに扱われるのは、傍目で見ても滑稽なのです。どこまで、組織に翻弄される生き方に固執するのか・・。本体に残れる、残れないなんてことに一喜一憂するなんてあほらしい。


親として子供に対して「何のために勉強をするのか?」ということになんて答えるのでしょう。いい大学を出たところで、組織に蹂躙される生き方をするために一生懸命に勉強するだなんて、とても言えないと思うのです。


確かに、僕の父親の時代は大学に行けないと、大組織の中ではせいぜい課長どまり。経済的理由で大学に行けなかった親父は悔しかっただろうと思う。でも、今や時代は変わったよね。大学なんて誰もが行けるようになったし、一方で大学を出たからと言って組織の中で幅を利かせられるわけじゃないのだからね。

キャリア・インタビュー

広告代理店で入社17年目次のキャリア研修講師を請け負うことになった。


他のコマでは、花田光世さん、野田稔さん、高橋俊介さんというそうそうたる顔ぶれが講師を務めており、キャリア分野のオールスターキャストといった様相。さすが大手広告代理店。

 

昨年は法政石山先生が務めたコマ。石山先生からの推薦はあったものの、僕に継承させるかどうか、ということで社内で検討してくれたのだが。昨年書籍を出版していたこと、人事部メンバーが書籍を熟読してくれて僕のことを強く推してくれたことで、今年度は僕が務めることになったわけで。立派な人と同じに「先生」とか呼ばれたくないんだよね・・・こそばゆいから。


研修構成としては、僕はアカデミックな理論の話をする立場にはなく、実学的観点からのものにしていきたい。特にワンウェイの講義はなるべく避けて、ブレイクアウトセッションを入れていく。その一つのセッションにおいては、社員インタビューの内容を用いて、自分の今後や行動のあり方を考えるのはどうか・・と提案をしたら、先方も共感してくれ6人のインタビューイーをリストアップ。先日、最初の一人の方をインタビューさせてもらった。


一人目は、その会社で初めて女性局長になったという人。姉御肌で竹を割ったような豪快かつストレートな性格で、どこにも力が入っていない。とても自然体に生きている人。人生においては、「結婚」が一番大事だったことで、それが出来た以上は仕事のことなんて、大したことないって思っている・・なんてことをサラッと言ってのけちゃう。


彼女の入社動機は極めて明快で、父親が金融機関に勤めていたこともあり、中学生の時から日経新聞を読んでおり広告業界の果たす意味について学生時代から考えていたのだという。入るにあたってその会社の30人に会って話を聞いた・・という行動派。


入社後も自分がやりたい仕事はとことん考えて周囲に公言し、機会を手繰り寄せている。とはいえ、管理職になって上に行こうなんて露にも思っておらず、自分が得意、今後やるべきと思ったことを新たなミッションにし続け、結果として局長になっている。


自分は、定年後にやりたいことも決まっている。それは日本語講師。私は、先行きが決まっていないことが何より嫌なのよ。そもそもね、私は人から評価されたいと思って仕事をしたことはないの。自分で思った大義のために仕事をしている。入社の時から、今もずっと..


40歳だった時、思ってもみない最低の評価をされて上司に食って掛かったことがあった。一晩眠れない中で自問自答したのよ。で、気が付いたの。私は評価されるために仕事をしていたんじゃなかったってこと。それ以来、軸がブレなくなったわね・・


そもそもね、結婚が一番大事だってことは家庭のことが一番大切なのよ。だから、仕事で偉くなるか、評価されるかどうかなんて関係ない。でもね、人のことは大事にしなくちゃ会社は成り立たないって思っている。次世代リーダーコースのレポートにもその事を書いたわ。その後、業界を揺るがす事件が起きたのよね・・


私ね、そんなに友達はいないのよ。でも、確かにあなたが言うように自分のやりたいことは人に話すようにしているわね。人に合わせに行くんじゃなくて、相手には自分のことをしっかり話す。思い出した・・私、父が転勤族だったから転校が多かったの。で、必ずいじめられるのよね。私、可愛いタイプじゃないでしょ。ブスとか言われてさ。でも、そういう時に相手には絶対に合わさない。自分の思っていることはハッキリ言う。その内、相手も分かって受け入れてくれる。そのことを肌で学んだのね・・もしかしたら、会社に入ってからも同じことをしていたのかもしれない。自分はこういう人だって、しっかり言って分かってもらうことが大事だったことをね・・


こんな話でよかったんだっけ。楽しかったわ、ありがとう・・


彼女の軸のブレなさや自然体のスタイルは、同世代の男性にはきっと真似ができないところ。彼女に会って、改めて女性の方が有限性を認識してキャリア自律をしている。昔から同世代で刺激になったり参考になるのは女性だったな・・ということを思い返したのでした。

リカバリーリスト

身の回りで気になっていたこと


ロードバイク:アップスタイルで楽に乗る際に必要なサブブレーキの取り付け
車:時折出るオートマチックミッションの滑り
時計:8年経過して弱ったセイコーキネティックバッテリーの交換
PC: Thinkpadのキーボード交換、ディスク増量
スマートホン:12miniへの機種交換
コート:色落ちしたアクアスキュータムの染め直し


どれも身の回りで大事なツール。ずっと気になっていた修理、交換を昨年後半から冬休みにかけてすべて終了。リサーチにリサーチを重ねてじっくり潰していった。


すべて終わるとすっきりしたのと、なにか手持無沙汰な気分。こういうのは、直ることももちろん意味があるのだけど、回復に向けたプロセスが味わい深いものだからね。何か他に修理できるものは無いだろうか・・と探すも修理が必要なものは特に見当たらない。欲しいものがあるかというと、そういうものもない。


スーツ、バッグ、ペン、時計・・靴。どれも満たされている。そもそも全然使わない。巣ごもりで大事なランニングに関するギアは、アウトレットでお値打ちを見つけ、きっちりと揃った。もう、寒い日でも大丈夫。


もう、見えるものを直す必要はないのかもしれない。


今度は見えないもの。自分の中から奪われたもの、失われたものを直していく。こいつは、少々時間がかかると思うけど・・

Over50は消化試合

様々な会社の人事制度を見る機会があります。制度を見て想像するのです。この制度に乗った社員はどんな気持ちで働くことになるのだろうか・・と。


相談事として多いのは、ベテラン層のモチベーション低下を何とかしたいという課題。新たにキャリア研修などを企画する前に、まず制度を見せてください・・といって見せてもらう。案の定、モチベーション低下は制度に基づく必然であることが多い。


何をやろうが、どれだけ成果を上げようが給与は上がらない、段階的、もしくは一気に下がるという仕組み。しかもそれが年齢基準で適用される。そんな仕組みを入れて、やる気が出る訳がない。いくら頑張ったって対価は支払わないと言っているのですからね。要は、ある一定年齢以上の人は「評価」など関係がないのです。


年齢で賃金を減額させる「役職定年制度」、定年後に給与を半減させて継続雇用を行う「再雇用制度」は、新卒採用中心で年功的な制度運用を行う企業で多く採用されています。年齢で給与をある段階までは上昇させるものの、一定年齢を超えると段階的に賃金を下げていく。


こういう会社は、まともに評価制度を運用できていない、やろうともしない。ゆえに年齢基準で下げていかないと人件費が膨れ上がりすぎてしまうからです。


こういう仕組みが残っている以上は、なにをどう言おうが「実力主義」ではなく「年功序列主義」です。しかも、キャリアの終盤戦の55歳以上は実質的に「消化試合」という扱い。こういう仕組みをもって「人を大事にしている」と言えるのでしょうかね。


結局、年齢だけで処遇の判断をしていて、一人一人の能力は全く配慮していない。それよりも、村の掟としての慣習を受け入れなさいと言っているだけなんですから。まあ、それがメンバーシップ雇用だといえばそれまでなのですが。


そういう仕組みを採っていて、優秀な中途社員を採ろうとしても、採れるわけがないです。年功のメリットを享受できるのは新卒入社なのですし、メリットが受けきれないままに賃金ダウン策だけは一律に受けるのが分かりますから。


そういう会社が「ジョブ型雇用」とか「高度専門人材、特にDX人材の採用強化を図っている」などと言っているのをみると、冗談きついぜ...と思ってしまう。

 

しかしね、年齢基準で賃金や役割が大きくダウンする会社にいたとしたら、僕だったら30代、40代でエスケープするだろうな。評価もまともにせず、やってもやらなくてもダウンする会社にいるんなんて僕は絶対に嫌だな。

理想の彼はペンフレンド

離婚に伴い母親と離れ父子家庭になったソ・ダルミ。寂しそうにしている孫の様子を見かねた祖母のウォンドクは、彼女のもとに身を寄せていた両親のいない青年ハン・ジピョンに架空の人物を見立てた文通を始めるお願いをする。文通は1年にもわたり、ソ・ダルミは文通相手に理想の男性像を見いだすようになっていく…(スタートアップ 夢の扉)

 

 

 

文章でのやりとりは、自分の想像で相手の表現を埋めていくから、相手は次第に理想の人になっていく。そうなってしまうと、自分で創りあげた理想を凌駕する人物なんてそうそう現れるわけでもないですから、想いは一層募っていくという循環になるわけで。学生時代の一時の文通経験が、その後の恋愛経験を阻害するというのも、あながちあり得なくもないでしょう。日本のプリンセスもきっとそう。

 

 

 

昔、1年近く文通をしていたことがありました。インターネットがまだ無い時代。モデムを使ったパソコン通信NIFTY-Serve。20代の前半。互いに好きなアーティストの共通項があり、それがやり取りの端緒でした。

 


こちらが3、相手の返信は1くらいの割合。先方は東北の人で写真も何も分からない。でも日々の出来事を文にしたため、相手の返信を待つというのが仕事が終わった後の楽しみでした。

 


1年もたった頃、彼女は関東に出てきて独り暮らしを始めました。沿線も常磐線と同じで、初めて会ってみようか…と会う約束をしたのです。綾瀬のファーストフード店でした。互いにマックユーザーで、彼女からこれは便利なユーティリティソフトが入った本なんだけど、良かったら使ってねとムックをもらい、1時間くらい会話をしたのだけど。そのあと変に冷めた自分を感じてしまっていたのでした。様々な自分を開示し、相手のことも良く分かっていたつもりだったのに…

 


それはなぜ?

 


彼女が少し地味な人だったからなのでしょうか…性格はとてもいい人だったのです。実際にそうでした。僕はそこに自分の理想を過度に投影していたからなのでしょう。

 


彼女には本当に悪いことをしてしまった。今だったらこういうシチュエーションはなかなか無いだろうと思うのですけど…映画だけです。そこに目の覚めるような人がいるなんてことは。それも含めて自分の若き故の愚かさです。

スタートアップ

家族で契約していたNetflix。僕だけずっと何も見ていなかったのですが、お正月だったので何か見てみようと思って見始めた韓国ドラマ「スタートアップ 夢の扉」

まだまだ序盤の序盤ですが、傑作のドラマだと思います。

最先端の韓国シリコンバレーのスタートアップ企業で成功に向けて邁進するアグレッシブな若者たちがメインキャスト。彼らは幼少期に複雑な家庭環境の中で育ち、それぞれが互いに気が付かないまでも伏線となる関係性を持っている・・

何も持っていないハングリーな少年、少女が成功を夢見て奮闘するという物語は普遍的に面白いものですが、こういう物語はなぜか東京を舞台には成立しない気がします。天国と地獄の格差が際立つ韓国であるから、リアリティがある。かつては香港であり、昔も今もアメリカはその舞台です。

そして、混じり気のないピュアな感情表現をする登場人物たち。男優さんはカッコいいし、女優さんは可憐で、なおかつ純朴でストレートな感情を迸らせてくるのでこれも日本の俳優陣には醸し出せない魅力。美しい映像アングルや音楽も含め雰囲気のある上質なドラマだと思います。

政治的には微妙な両国の関係ですけど、音楽や映画で知る韓国というのは僕はとても好きですし、親近感を覚えます。そして、大きなエネルギーをもった人々に憧憬の念も抱くのです。

f:id:ishibahomare:20210106213951j:image