Homare's Diary

組織人事コンサルタントの徒然日記です

命の力

37年に及ぶ「流転の海」の完結にあたってNHKニュース9が、宮本輝さんの自宅に赴き行ったインタビューを放映していました。


宮本輝さんは、25歳の時に重度のパニック障害に陥り、一人では電車にのることの出来ない体になります。彼は、当時結婚したばかりで子供を抱える身。サラリーマンにとって電車に乗って会社に通えないということは、死刑を通告されたも同然。でも、その出来事が文筆で生きていく決心をさせてくれたきっかけになります。


その、パニック障害の伏線となった出来事は、中学の時に母親が起こした自殺未遂。当時は、自分を残して死ぬ選択をした母親は、自分を見捨てたと思うことしか出来ず、それが心の傷になっていたのだといいます。


50歳になったとき、宮本さんは気づいたのだといいます。母親は、自分を見捨てて死にたいと思ったわけではなく、とにかく死ぬことしか考えられなかったんだろう・・と。すると、小説のような話ではないのだが、パニック障害がすっかりと治ってしまったのだといいます。


また、彼は父親と死別するときある会話をします。

「お前は、生まれたときから何かを成し遂げる、特別な人間だと思ってきた。ただ、お前はそういう人間ではない。それは親の欲目だった。余計な重荷を背負わせて勘弁してほしい・・」

その会話は、小説家になる前に交わされたものですが、当時の彼の心を貫く残酷な言葉です。でも、その言葉は自分が何者なのか、何かを成し遂げなければという引っ掛かりにもなっていたかもしれない。小説のように良く出来た話ではないし、実際にはそうではないけれど・・と宮本さんは言います。


過酷な時代の荒波にもまれ流転をしてきた家族。その中で、心に傷を負い闇を抱えた少年が小説家となり。人の死と心をみつめる物語を綴るようになった。そして、自身の心の傷を癒やし、多くの読者の共感を得る存在になっていく。


命の力には、外的偶然を、やがて内的必然と観ずる能力が備わっている(小林秀雄


彼のインタビューを聞いていて思い浮かんだのは、小林秀雄の一文でした。

意識と感覚

先日、養老孟司さんの講演を聴く機会がありました。話の内容は、最新著書の「遺書」の内容からだと思われるのですが、非常に興味深く、記憶に残ったものを書き留めておきます。


「意識」が何によって成立しているかは、現代の科学をもっても未だに証明されていない。一方で、人が人たらしめているものは紛れもなく「意識」である。その意識とは、五感で受ける感覚とは異なり、「同じもの」を見つけ意味に変換し、「秩序」を与えているものである。


動物が、言語を話せない一つの理由を考えて見るならば、それはすべてを感覚のみで処理しているからである。感覚の世界においては、一つの花をみても、香り、色にして同一のものは存在していない。動物は見たものをあるがままに、膨大なカメラアイとしての情報として扱う。


人は、どこにいた、何人とそこにいた、晴れていたなどと意味をもたせる。それは、カメラアイから比べると圧倒的に少ない情報として扱う。そうしなければ、言葉に置き換え人に伝えることは出来ないからである。


見たものをあるがままに記憶できるサヴァン症候群山下清などがそれに該当するが、芸術に特異な能力を発揮する彼らに言葉を教えていくと、いつしかその能力は失われてしまう。人も、生まれたときにおいては絶対音感だが、それは徐々に失われていく。絶対音感は音楽の世界においては重要な能力だが、日常生活において絶対音感を持っていることは、人の日常においては、ときに不必要な情報を取り込んでしまうことになる。


言葉という記号に置き換え意味をもたせている段階で、あるがままの感覚は失われている。それは、ある意味で恐ろしいことである。人が意識の世界だけに生きていると、意味を持たないものについては注意を払わなくなる。大事なことだと捉えなくなってしまう。


例えば、人が人を殺してはいけないというのは、本来は感覚の世界で取り扱うものであり、ダメなものはダメという不文律以上のものではないのである。なぜダメかという意味付けをした上で「理解」をさせるものではないのである。倫理とは本来そういうものなのだ。

人は自然から遠ざける形で文明を発展させ、町を形成する。アスファルトで固められた地面は、硬さも感じる温度や湿度も変わりがないが、自然の地面というのは平らでもないし、硬さも感じる温度も湿度も異なる。都市に住み続けるということは、この「感覚」というものを麻痺させていくことに他ならない。


人の意識をさらに発展させたのが、コンピューターでありデジタルデータ。そこには、人を記号でしか認識して処理しない世界がある。本人を目の前にしても、本人証明がなければ何も手続きを取れない銀行というのは、人を記号としてしか扱っていない。そうした組織なのだから、勤めている人においてもコンピューターでどんどん置き換えて、リストラしているのは、ある意味自明であり皮肉なことだ。


あるがモノをあるがままに見る感覚ということを忘れ、違いを同じにする「意識」に凝り固まりすぎると、人は大切なものを見失い退化してしまうのではないか。


さすがの養老さんです。意識は、画一的に物事を扱う。感覚は、それぞれ別のものとして物事を捉える。「意識」の世界に凝り固まってしまうと、個性なんて簡単に埋没し、生き物としては退化してしまいます。それは、生命力を失ってしまうということ。まあ、僕はどちらかというと意識より感覚で生きているところが強く。その点では変わっているのかもしれませんね。

シティナビゲーター

昔から他人に道をよく尋ねられる。先日も新宿南口の高島屋入口付近を歩いていると、中国人の家族連れにわざわざ覗き込んで道を尋ねられた。何でも、ディズニーランドにバスで行くので、バスターミナルはどこなのか?ということらしい。エスカレーターに一緒に乗り、入り口が分かるところまで行ってあげた。日中友好、日本人はツーリストに親切な国民なのである。


正直、周囲の人の様子に目を配っているわけではない。その時もヘッドホンをかけているにもかかわらずにである。善良なる小市民然として、親切に教えてもらえると判断されるのだろう。


お節介焼きな方だから、地元で無くてもスマホで検索して目星はつけてあげる。その意味では、尋ねてくれた人、「貴方の見立ては間違えていません」 ということになるかもしれない。


1994年、返還前の香港に行った時のこと。なぜか、何回も道を尋ねられた。身軽な格好で街を歩いていたせいかもしれない。香港人的な雰囲気を感じたのだろうか?


ジャッキー・チェンを始めとする香港映画は、小さい頃からよく見ていた。上昇志向とバイタリティの強い香港人のスピリッツは結構好きだった。だから香港人に見られるというのは、なんかちょっと気分がいいものだった。


今でも香港に行ったら、あの時と同じように道を尋ねられるだろうか?そして、あの時と同じ気分に感じるだろうか…

28インチのデニムパンツ

健康診断で行った身体測定。ウェストを計ると69cmだった。体重は、63キロで変わっていない。僕史上、60cm台は久しぶりのことである。高校以来?


別段ダイエットなんてしていない。大の甘党なのだが、ここのところ間食する時間がなかった。加えてレースでストレッチして走った。それで、ぐっと贅肉が落ちたのだろう。レースをすると、お腹周りパッサリ落ちるしね。


先々月の風呂上がりに『お腹が周りが少し付いたんじゃないの?』娘に揶揄されたので、『あのさ、ウェスト60cm台になったんだぜ!どうだい…』というと、結構驚いたらしい。後で69cmとバレて非常に怒られたのだが…

 


昨日、僕が企画開発した研修の初回オブザーブする機会があった。トレーナーを勤めて頂いた方は、50代後半なのだが、かなり引き締まった身体をしている。訊くと、その方もマラソンをするのだという。相手も僕を見て走っている人だと分かったのだという。やっぱり、運動をしている人の肌つやとかシルエットは直ぐに分かる。


一方で、対象者の53歳で集められた参加者は、いい感じで撚れたオッサンばかりだった。知らないうちにこういう人たちと近い年齢になっているのだけど、何だって、何をしたらこんなに老け込んじゃうんだろう。自分らしく、冒険と発見の日々を過ごしていれば、そんなことにならないのに。

探しものはなんですか?

探しものはなんですか?
見つけにくいものですか?
鞄の中も机の中も
探したけれど見つからないのに

まだまだ探す気ですか?
それより僕と踊りませんか?

探すのをやめたとき
見つかることもよくある話で
踊りましょう夢の中へ
行ってみたいと思いませんか?
井上陽水 「夢の中へ」)


No music No lifeの僕にとっては、今となっていちばん大事なのは、いい音で音楽を聴けるインナーイヤーヘッドホン。普段づかい用とランニング用でそれぞれにいい音で聴けるものを使っています。

普段づかい用では、iPod以来10年以上のShure愛用者。2年前からは425を使っています。新品で購入すると、4万くらいの代物なのですが、僕はお酒を飲む趣味もないし、この程度の投資で毎日いい気持ちに浸れるのなら、安いものでしょう・・なんて言い訳をしているのです。

いつでも肌身離さず持っているのですが、出張帰りからしばらく経ったあとにふと気がつくと、いつも使っている425が見当たらない。思い当たるところはすべて探し、ひょっとするとホテルの部屋に置き忘れたのかもしれない・・と電話をするもここにも見つからない。

まだ、2年ちょっとしか使っていないのに・・

こういうときの喪失感、やり切れなさ。10月は過去に類を見ない過密スケジュールで、毎日気がそぞろだったから、仕方ないのかな・・後悔先に立たず。

で、いつまでも落ち込んでいても仕方がないので、10月にたまたま執筆を依頼された社長発信草稿の原稿料で、イヤホンを新調することを決断。同じタイプの購入は、悔しいしグレードダウンも後で毎日悔やみそう。なので奮発してShure535にしました。価格、5.3万なり・・嬉しいような、嬉しくないような複雑な気分。

エイジングが済んでない聴き始めは、535の実力ってこんなものなの?なんて更に心の中のもやもやが拡がっていたのですが。3週間も聴き込んでいくと、さすがの上位機種。いい音になってきました。そんな時です、失くしたと思っていた425が見つかったのは。なんで今頃出てくるんだ・・うーむ、馬鹿馬鹿・・

やっぱ、だらしないんだろうな・・まあ、535の音はいいです。救いはそれだけです。

旅をする同志

”子供の時から思っていた。町に住んでいると、それはたくさんの人と出会う。しかし、普通の人たちは、 一生で真に気持ちがかよい合う人が、いったい何人いるのだろうか…?小学校のクラスの○○くんのアドレス帳は、友人の名前と電話番号でいっぱいだ。50人ぐらいはいるのだろうか?100人ぐらいだろうか?

母には父がいる。父には母がいる。自分はちがう。 
TVに出ている人とか、ロックスターはきっと何万人といるんだろうな。自分はちがう

 

「自分にはきっと一生、誰ひとりとしてあらわれないだろう。」「なぜなら、この『法皇の緑』が見える友だちはだれもいないのだから…見えない人間と真に気持ちがかようはずがない。」

 

ジョースターさん、承太郎、ポルナレフ、アヴドゥルに出会うまでずっとそう思っていた。アヴドゥルとイギーのことを考えると、背中に鳥肌が立つのはなぜだろう。それは、目的が一致した初めての仲間だったからだ。気持ちがかよい合っていた仲間だったからだ”(JoJoの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 花京院典明の台詞)

 

自分の日頃考えていることや根底に流れている価値観や体験というものを理解してくれている人・・身近でもなかなかそういう人っていませんよね。


僕は、日頃の心象日記をつらつらと書いているわけです。それは、自分の思いを言葉に置き換えたいという思いとともに、もしかしたらそれを踏まえて誰かと繋がることができるのではないか?という淡い期待のようなものもあったりするのです。そして分かるのです、全てにおいては繋がれないけど、欠片欠片で繋がれる人はいるのだと。


中には、まめに読んでくれている奇特な人がいたりして。そういう人に会ってお話すると、昔馴染みの気のおけない友だちに会ったような、なんだか不思議と安心した気分になるのです。家族ですら理解していないようなことを理解しているのですから。でも、そうした気のおけない友達なんていたのだろうか・・


この台詞は、ある意味そんな気持ちを代弁してくれています。

出逢いの真理

ファーストガンダムの面白いところは、人の真理をついた台詞やストーリーというのが随所にまぶされているという点にあるのだと思うのです。


言葉を解さずして、相手の考えが読み取れるニュータイプという存在は、俗世に生きる人の悩みをある意味で超越した存在として位置づけられます。少し、宗教的な世界観でもあります。


一方で、感受性が強く相手の考えが分かってしまうニュータイプは、邪な思惑を持つ時の権力者に翻弄されるという運命も持っている。相手を分かるが故に、自分の庇護者として権力者を捉え、能力を用いて守るべき存在とすることで。


そのニュータイプ同士の邂逅というのは、一つの悲劇として描かれていて、逢えば一瞬にして分かりあえる存在であるのに、逢うべきタイミングで出逢えない。


アムロ・レイに出逢ったララァ・スンは、言います。

『あなたが来るのが遅すぎた。なぜ今になって現れたのか?』と。


アムロ・レイは、返します。


『僕たちの出逢いは何なのだ。これも運命なのだ。ひどすぎる運命かもしれないけど、認めなくちゃいけないんだ』


こういうことは、実は場面を置き換えて身の回りに意外と起きていることだったりする。SFに置き換えているけど、人の悩みや苦しみ。運命の残酷さというものを象徴した出来事だったりする。この人間物語や真理の普遍性が、未だに色あせず支持を受けている理由なのだと思います。

f:id:ishibahomare:20181107010156j:image