Homare's Diary

組織人事コンサルタントの徒然日記です

奉仕できる幸せ

心理学者のアドラーは、幸福になるための観点として「自己受容」「他者信頼」「他者貢献」の3つを挙げています。人の不幸は、突き詰めていくと人間関係によってもたらされる・・という彼の主張と併せてこの3つの条件を眺めると、実に味わい深くなるほど・・と思うわけです。


究極の孤独というのは、自分がこの世で誰からも必要とされていないこと。周りから慕われている人、頼られている人・・これは間違いなく心が満たれます。家族の仲が良い、趣味で多く仲間がいる、仕事でも頼りにしてくれる同僚やクライアントがいる。これはベストな状態です。


すると、会社で定年を迎えた人や役職定年を迎えた人は、収入が下がるからモチベーションが下がるのではなく、他者貢献する機会を奪われてしまう、もしくは見失ってしまうからモチベーションが下がってしまうのだ・・と考える方がいいのです。


であれば、他者貢献をする機会を増やすための工夫を凝らしていく方が、収入を上げることよりずっと良いはずです。でも、人事の人はごくごく簡単なそんなことに気が付きません。きっと、人事の人たち自体が幸福になるための法則を分かっていないし、人事のミッションとして「社員を幸福にする」ということを普段から意識していないからでしょう。そもそも、人事のお仕事をしている人たちのどれだけの人が「幸せ」だと感じているのでしょうね。


そして、「他者貢献」という言葉の意味もよく考えてみる必要があるのです。


「貢献」は、報酬と労力の”トレードという意味合い”で使っていやしないでしょうか。他者貢献という以上は、見返りがあろうがなかろうが相手が喜んでくれることが条件です。外形的なトレードが成立してから行う貢献ではないという点です。


そのためには、心理的な報酬の源泉でもあり、提供する価値を形づくるための「自己理解」と「受容」が欠かせないものになります。これが出来ていないと「貢献」はしょせん「トレード」の域を脱することはない。そうなると、他者貢献をするにあたっては、自分自身の真実の姿を理解し、その姿を受け容れていくことから行っていかないといけない。ここは、リンダグラットンのマルチステージキャリアを形成する上での条件である「自分に対する知識」とも符合します。


そして、「トレード」という観点ではない「他者貢献」をいかに増やしていくのか..ということになるのでしょうね。

好意への対応

誰かに好意を寄せられると、それはそれで嬉しいものです。でも、そこにどのような対応をするか?恋愛感情が交じった好意のようなものを向けられたとして、本気で返していくほどの思いは自分の中には現時点でない。むしろ、他に意中の人がいたりする。


①相手の好意に乗っかってつきあってみる
②その気はないことを告げ誘いには応じない


人によって違うと思います。他にいる意中の人とは、相違相愛になるわけでもないのです。今はその気がなくても、付き合っているうちに気持ちが芽生えてくるかもしれません。それであれば、①の選択を取る方が無難なのかもしれません。


でも、相手からしてみたらどうなのでしょう。


真剣に考えている相手が、自分ほどには考えていない。当座の押さえ程度に考えていたりする。それはそれで良しとするのでしょうか。たぶん、どちらの選択を取るのかはこの相手の心境に立つことによって変わってくるのじゃないかと思っています。


学生時代の時です。


同じ部活の後輩の子から、何度か好意を伝えられました。最初は、人を介してでした。相手にしていなかったのですが、うちに本人から告げられました。僕は自分の中に気持ちがなかったので、ハッキリと断りました。僕には誰もいなかったし、美人でグラマーな子でしたが何の後悔もありませんでした。


しばらく経った頃のことです。彼女が僕の同級生のD君と付き合いだしたということを知りました。それは、それで良いのです。でも、ちょっと引っかかったのです。D君が彼女に好意があるとは思えなかったからです。僕はD君に聞いてみました。「彼女のこと、本当に好きなの?好きでもないのにどうして付き合うの?」

彼は僕にこういいました。
『俺は、弱い人間だからさ。自分のことを好きになってくれたら、断れなくてさ』

結局、そういう意志のないやさしさが相手を苦しめるんだって事を分かってないんです。しばらくして、D君は他に好きな子ができ、彼女は袖にされました。精神的に相当に不安定になり学校にもしばらく来られなくなってしまった。なんとなく、そういう一途な危うさみたいなのは感じたのです。こういう人とは軽い気持ちで付き合っちゃだめなんだ・・と。


そういう僕はといえば、好きになった子に一度とはならず、三連続で二股をかけられたわけです。どの子も同じようなニュアンスのことを僕に言ってきました。『気になるし、認めてる存在だし、だから・・』


こういう事は他人にしちゃいけないんだと、その度に思いました。そういう人の気持ちを弄ぶ行為は今でも大嫌いです。とはいえ、その人のことを憎んだり嫌いだという気持ちはないのです。結婚したときにはその子を招待しました。


『私みたいな人が、行っていいの・・』
彼女たちとは今でも親友です。

ボーダーラインの向こう側

EPOさんの母親は、境界性人格障害だったそうです。同性の対象となると攻撃的になり、子供であったとしても言葉での暴力は勿論のこと、時には刃物を持って切りつけてくることもあったそうです。そこには、父親も全く彼女を守ってくれなかった。むしろ、母親と一緒になって彼女を攻撃してきたそうです。


シンガーソングライターのEPOさんの楽曲は僕は大変好きで、昔から聞き続けています。音楽のような風、私について、12月のエイプリルフール、Middle Twenties どれも名曲です。明るく澄み渡った曲調からは、彼女がそんなひどい目にずっと苛まれてきたことは全く分かりません。今まで知りませんでした。


でも、EPOさんの回顧録を読んでいて、共感する部分が多くありました。僕の周りにもそういう人がいるからです。


僕は性善説者であり、物事はポジティブに考えています。相手に疑いのまなざしは向けませんし、相手が自分に対して怒りを示してきたら自分が悪かったのだ・・と思う人間です。ですが、境界性人格障害の人が相手の場合、こういう常識が全く通用しません。向けられる怒りも、非難も意味が全く分かりません。激しく振り回されてこちらまで混乱してきます。


EPOさんは、大人になってから母親とは完全に離れたそうです。ひどい場合には、こうするしかないのでしょうね。僕も自己愛性人格障害だった上司においては、敬愛している存在でしたが、何度か信じがたい行為に直面し、とどめのできごとをきっかけに完全に袂を分かちました。それまでは、共に働くことを熱望し、毎日のように飲みに行っていました。今では、連絡すらも取っていません。悲しいけど、それしかなかったかなって思っています。

人の悩みとニュータイプ

心理学者のアドラーは、人間が持つ全ての悩みは『人間関係の悩み』であるといっている。一方で、人の心が常に求め、満たされるのも人の愛であったりする。

人間関係が悩みとなってしまう原因は、人が持つ想念や価値観を相互に汲み取ることが出来ないから。もし、互いの想念や根底の価値観を共有できるのであれば、人は悩みから解き放たれるともいえる。極楽浄土とは、ある意味そういう世界なのかも知れない。

ガンダムで扱われている『ニュータイプ』とは、肉体や言語の制約から解き放たれ、想念や根底にある愛を共有し合える人間。肉体の重力に支配されない魂は、自己犠牲を払っても他者を救う行動に向かわせる。

アムロララァ・スンの関係、惑星アクシズの地球落下を救うために、敵味方問わず落下軌道から押し出すために凝集する様子などは、正にそう。劇中では、サイコフレームの共振と言っていたけど、魂の共振、マスターマインドそのもの。

ガンダムパイロットでヒーローのアムロ・レイは、感受性と正義感が強く、一方でナイーブな男性として描かれているが、彼の言動を通じて伝わってくることは深い。メカやモビルスーツの闘いに目を奪われる子供には分かるまい。

富野由悠季監督が、『劇場版ガンダム 逆襲のシャア』を35歳以上の大人に見て欲しいといっていた理由も今では分かる気がします。それにしても、ガンダムシリーズは、非常によく出来た現代の寓話だと思うのです。

 

f:id:ishibahomare:20190119104356j:image

イミテーション・ラブ

昔、ひどい失恋をしたんです。しばらくは飯も喉を通らないほどに落ち込みました。以来、真剣な恋愛することはやめて、広く浅く女性とつきあいをするスタイルなんです。相手は、基本的に年上が多いですね・・人事のネットワークパーティーとかに参加しているといるのですよ。そういう人。でも、基本的に彼女たちは仕事に没頭する人たちだから、なかなか会えないですね。向こうが気の向いたときに連絡が来るって感じで・・

 

人にはいろいろな趣味や価値観の人がいる。でも、一回の失恋ごときで自分の気持ちを誤魔化すようになってしまえるのか。そして、なぜ良い印象を得られない自分の恋愛事情を人にわざわざ開示するのか。しかも女性がいる場で・・

 

よくよく聞いてみるとこれって恋人という定義じゃない。ごく普通の友達レベルか、結婚を焦っている40近い女性が可能性をもって繋がっているという感じなのだ。何のことはない、相思相愛である本当の恋人はいないのだ。でも、そう言いたくない。自分はモテる男性なんだ・・って、君はそういいたいんだね・・。でも、それって逆効果。勘の良い娘は気が付いている。

 

弱さも含めて正直な人の方が人は好感を持つものだ。女性においてはなおさらだ。格好付けて良い事なんてない。

 

真剣に相手を好きになって、報われなかったら自分が傷つくから、相手が来るのを広く浅く網を張って待つ・・。それってエゴ。相手のこと何も考えてないし。そもそも、大して好きじゃない相手だからこそ出来る芸当。本当に好きな子だったら、そんなこと出来ないもの。類は友を呼ぶから、一向に本物は現れない。

 

恋人がいないことが、そんなに格好の悪いことなのだろうか。いる風を装うことに何の意味があるのだろう。本物じゃなければ、イミテーションのアクセサリーなんていくら持っていても意味がないのにね。

デジタルネイティブの編集力

紙媒体を読む機会が減少する昨今。新聞も雑誌も読まず、ネットニュースしか見ないなんて人も多くなっています。


それに伴い、俯瞰して情報を把握し自分にとって大事なモノを選び取っていくことであったり、見出し、ヘッドライン、ディテール、といった記事のストラクチャー、理解促進のためのチャートやグラフの使い方を解していない若い人が増えています。


戦略コンサルティングでは、ロジカルライティングを体得する上では、「新聞を意識して読め」ということがよく言われたものです。新聞はメディアとしては、完成されたフォルムを持っており、意識して見ることで素養を養うことができます。


でもそれは、電子版ではなく紙面ビューでないと難しい。電子版はクリッピングしたり、検索をする上では長けているのですが、俯瞰には向いていない。


同じことは書店についても言え、キーワードでの検索性はAmazonなのだけど、世の中でどのような書籍が出ているのか、意識に止まっていなかった本を発見するという機会は持ちづらい。


結局、電子ニュースとAmazonだけで情報に触れている人は、情報収集力が一見あるようで偏った情報や二次情報しか持ち合わせていないし、編集力が極めて低かったりする。そして、そういう人の作るドキュメントは、とても見れたものじゃない。


こういう人に、OJTだけで育成を図ることには限界があり、日常の情報収集の方法や触れるメディアの内容を変えてもらうことから始めていかないといけない。


正直言ってこれはかなりつらい。そんな状況に接するにつけ、最新ツールを駆使しているデジタルネイティブの人たちが、情報収集力や編集力のほどはどうかというと、その実は極めて怪しいものだなと思っている。やっぱり上質なものに触れていない人は、上質なものを作る力はないですから。

やっぱり愛でしょ

小島慶子さんの発言は、一つ一つ正論なのだが、いつも周囲の感情をささくれ立たせる。こういう負の感情の連鎖を敢えて引き起こすのってどうなのよって思う。


結局、こういう物事は対立軸では解決していかない。対話と愛だよね。正論で相手を打ち負かして、感情を逆撫でするって解決とは真逆。


問題解決を生業にする人間から見ると、この人は問題解決をゴールにしているのではなく、対立軸のシンボルに自分を位置づけることで注目されブランド化を図り、自分の実利的価値を上げようとしている、姑息であざとい行為にしか見えないんだよね。この人には、利他の愛がない。自己愛だけ。


それは、「時代の流れが読めなさすぎ」という言葉にも表れている。自分は時代の流れを代表しているという上から目線の意識があるからこういう物言いになる。


こういう人においては、問題はいつまでもそのままの方が都合がいい。差別がなくならない方が存在意義を持てる人権団体と同じようにね。そして、炎上によりページビューを稼ぎたいメディアにおいては、解決ではなく炎上させられる彼女の存在は欠かせないものなのでしょう。


学生時代、同じ大学、同じ部活で時間を共有した人間としては、応援したいのだけどね。