Homare's Diary

組織人事コンサルタントの徒然日記です

体育会だけど体育会が苦手

中高のと大学の部活動で一番違和感があったのが、上級生と下級生の関係性であり組織の慣習だった。


中高は指導者もいない、創立以来対外試合の勝ち星すらもないという野球同好会。勝つことを至上命題にしたチームとは程遠く、極めて牧歌的。上級生下級生の関係性は近く、仲が良かった。


上手くはなかったが、好きだったので大学でも野球をやろうと思った。とはいえ、浪人生活で劇的に視力が落ちたこともあり、最初に入ったのは体育会ソフトボール部。同期は多く、女子ソフトがあったこともあり、雰囲気は明るかった。とはいえ、層が厚くレギュラーになれそうな見込みは、とうぶん見えなかった。現実的に見て、現役最終年でレギュラーというところ。


3年も控えで我慢して活動をするという選択肢はなかった。就職のために我慢をして体育会を全うするのだという人間もいたが、ソフトはフィールドが狭くてせせこましいのも性に合っていない。野球とは似て非なるスポーツ。部活動はあくまで自分が楽しむため・・だ。忍耐を学ぶことが部活に入った理由じゃない。1年で退部し、次に入ったのは、準硬式野球部だった。


中高軟式野球だったから、準硬式は馴染みやすい。(コルク芯が入った軟式ボールを準硬式という)しかも、同期が一人しかいない。同じくソフトボール部を辞めた同期を誘い入部をした。


浪人で鈍った体も1年の部活で取り戻しており、入部するとスタメンで使ってもらえる機会も得た。だが、ここには古臭い上下関係の不文律みたいなものがあった。自分でやればいい細々したことを、いちいち下級生に顎を使ってやらせる・・上級生には、高校野球硬式野球部崩れが多かった。彼らは、下級生は上級生に暗黙的に従い、仕えるものだと考えている。野球は楽しく出来たが、仲間には馴染めなかった。飲み会と合宿での間接喫煙も嫌だった。

 

就職に有利だから体育会活動をしていると同級生がいっていたように、体育会での就職は確かに有利だった。銀行、損保、生保、ノンバンク・・有名企業に続々決まっていく。当時はバブル景気の最中でもあった。


でも、うちに疑問が湧いていくるようになった。上級生だからといって人を顎で使うような人間や、自分の気持ちを押し殺して忍耐して物事に臨む人間を評価する企業とは、一体何を大事に考えて人材を採用しているのだろうか? おおよそ合理的ではない理不尽な慣習が多くはびこっているに違いない。僕は体育会のコネクションを使った就職は一切やめた。リクルーターにも会わなかった。そういう企業には関心もなかったから。


果たして入った会社は就職は、変な上下関係もなく、理不尽な慣習もない。飲み会での飲酒も酌の必要もない。自由かつ自己責任。新人だからといって変な下働きもなく、コンサルタントとして客先受注し、日々学びつつアウトプットする日々。同期の様子を聞くにつけ、やはり直感は正しかったのだと思った。


最近入った20代の同僚の会社もとかく合理性に欠く風習があったのだそうだ。『私のいた会社、1週間経験してみてくださいよ(たぶん、出来ないでしょうから)』なんて言われることしきり。


大学時代に読んでいたドラッカーいうところのナレッジワーカーにおいては、そういう理不尽で非合理的な慣習に従う必要なんてない。定時に行く必要も、昼休みはかっきり1時間の必要もない。場所も時間もルールなんてクソ食らえ・・


なんだかんだ日本企業は、いまだにゲマインシャフトゲマインシャフトとは、血縁や地縁で成立し、同じ思想、便益で結びついている運命共同体。簡単に言えば、『ムラ社会』。僕が嫌いだった、体育会もゲマインシャフトムラ社会においては、入るためのイニシエーション(儀式)があり、下っ端においては奴隷的な扱いをさせることが多い。企業が行っている年次管理なんて、学校の学年で扱いを決めているようなものだからね。しかしなあ・・・


欧米企業は機能、目的合理のゲゼルシャフト。かつては人間関係を重要視する日本企業に劣後を仰いだが、ベンチマークして改善している。その点で、組織人事・マネジメントにおいては、もっとも差がついている。


僕は体育会での経験で『体育会ムラ社会』にいたら耐えられないということが分かっていたので、そういう組織にはいたこともないし、いたいとも思わない。けど、それは本当に幸運だった。自分を自分らしくいさせてくれたから、今の自分があるのだから。

コーヒーメイトが嫌い

コーヒーの味にこだわっているのに、なぜコーヒーメイトを出すのか。僕には全く理解できない。しかも、コーヒーメイトってトランス脂肪酸の固まりで、米国では発売禁止になっている代物。食物というよりプラスチック。

 

この観点で、スターバックスタリーズはさすがだといえる。スタバも一時期はコーヒーメイトしかおいていなかったけど、今ではミルクかノンファットミルクのポットを必ず置いている。本当は、クリームを置いて欲しいところだけど、クラシックな喫茶店くらいだよね。今どきそんなところは。


一方でエクセシオールやベローチェは三流。セブンイレブンなどもね。


高齢化社会が進行する中で医療費の支出を抑制することは国家課題。トランス脂肪酸入りの食物を禁止することは、冠動脈疾患を抑制する点で経済効果も含めて理に適っている。それ以前に、利便性だけのために消費者を犠牲にする姿勢はやめたほうがいい。そもそも、味が最低だしな。

言葉という光

人は形のない対象に対しては、的確な言葉という光を翳すことで、初めてその対象の実態や価値を認識する。


人の理解を得て事を動かそうとしていくときに、堅牢に組み上げられた論理とともに、適切に置かれた言葉やチャート図が絶大な威力を発揮する事は、長年肌で感じている。そうなると、文筆やイラストレーションを生業にする人間ほどではなくても言葉や表現というものに対しては敏感にならざるを得ない。


近年クリエイターの方に接する機会が多い。様々なタイプのクリエイターがいるけれども、彼らの共通項は、本質を探り当て相応しい言葉を置くことができる力を持っているという点。


考えてみれば、”クリエイター”という言葉は万物の創造主である神を語源としている。旧約聖書には「初めに、ことばがあった。ことばは神とともにあった。ことばは神であった」とする一文がまず出てくる。創造的な仕事を行い世の中を動かしていく上では、「言葉」の多彩な色と力を知り使いこなせる必要があるのだろう。

 

様々な風景や心情に遭遇した時に、自分の語彙力のなさというものを痛感させられる事が多い。表現をするに適切な色である言葉を見出すことが出来ないのだ。そうした点で長けた能力を持っているのが小説家。折に付け、彼等が持つ語彙を汲み上げることをしないとね。

インサイドアウト

娘との二人アジア旅行が否決されたので、久しぶりに何もしない国内温泉旅をしているわけです。


温泉は昔から大好きですし、いつ行ってもいいですけど。連日の朝晩の温泉より、20k走ったあとの風呂上がりの気分の方が断然に上、と思うわけです。


走ったあとは、体からよけいなものがごっそり落ちて、目に映る景色も澄んで見える。サウナと温泉でも少し味わえるのですが…


考えてみれば、温泉やサウナ通いを常連にしている人で、若々しい人って案外にいないかも。やっぱり、体もインサイドアウトじゃないと変わらないのですよね。

首席の彼女

バランスというのが極めて悪い人間である。


分かりやすいのが勉学だった。現代文や歴史、地理が偏差値70超えだったが、古文、漢文は50以下。統計解析は60位だったが、微分積分代数幾何は40以下。地学は60位だが、化学は40以下。英語は50に届かないくらい・・文系に行くにしても、理系にしてもどっちつかずの凸凹の成績。


当然、推薦なんてもらえるわけもなく、理系選択で工学部全滅を余儀なくされた。文転したところで、偏差が75近くある現代文で稼いで、英語や古文の穴を埋めるという具合。


大学に入っても傾向は同じで、のめり込んだ科目は優を取ったが、それ以外はギリギリの成績。ゼミは相当にのめり込んでやっていたので、同級生は僕のことがずいぶん成績がいい人だと勘違いしているようだったけど、優の数を伝えると、『なぁんだ・・』という反応を一様に示すのだった。興味の持てないものには、エネルギーを注げないのである。義務感や切迫感で行動するタイプでもないし。


そんな僕からみて同じ語学を専攻していたTさんは、異星の人だった。彼女はきれいなノートを取ると有名だった。試験前に、彼女と同じ部活だったM君が何とか彼女にノートを借りようと何度も試みるものの、いつも丁寧に断られるのだった。そして3年になり、彼女と僕は同じゼミ生となった。彼女がすべての科目で優を取り続けている・・と仲間うちでは度々話題に上がった。


僕のようないい加減な人でもそのような才女と同じゼミというのは、ちょっと嬉しいわけで。僕は、ゼミの指導教授が担当する必修科目では出現頻度のレアな優を取っていたというのが、ささやかな誇りだった。


そんな僕が一度、彼女に相談を持ちかけられたことがある。それは、就職活動のときだった。経営学がライフワークだと思った僕は、経営コンサルティング会社を志望し、早々と内定を得て4年の5月には活動を終了していた。そして、卒業論文の仕上げに取り掛かろうと意気込んでいた6月頃のことだったと思う。


「自分のどこに問題があるのか。アドバイスがほしい・・」


ゼミが終わった時間に彼女が僕に歩み寄ってき、相談を持ち出された。成績優秀な彼女は、志望する企業からは直ぐに内定が出るだろう・・というのが周囲の共通した見方だった。だが、実際はなかなか内定を得ることができず、苦戦をしているようだった。僕は、彼女に志望動機としてどのような事をアピールし、話しているのか・・と聞いた。問題は明らかだった。


僕は、彼女にこう伝えた。相手の特徴や優れた点をいくら述べたって駄目。それは、相手が知っている情報なのだから。それよりも、自分がこれまで取り組んできたことや興味、関心と相手の会社の特徴や魅力との接合点を物語にして話したほうがいい。面接で伝えるべきは、出会いと一緒になることの必然性なのだから・・


彼女はよく分かったと頷いて帰っていった。しばらくして彼女は非常に難関の企業に内定を得た。そして、彼女からは丁寧なお礼の手紙をもらった。そこには、僕の卒論内容をとても楽しみにしている・・と結ばれていた。もしかしたら、その時僕は彼女をデートに誘えば良かったのかもしれない。


昨晩、同僚と旧知のクライアントを交えた飲み会の中で、同僚のK嬢が大学を首席で卒業し、授業料免除の優秀な成績だったのだと聞いた。なんでも、勉強が好きで、大学も推薦だったのだという。


同じ首席でも、Tさんとは全く違う。K嬢は、生真面目さで優を並べるタイプではなく、好きになる力をエンジンにして結果として成績がいいというタイプ。結果こそ違うが、僕にタイプが似ている。実際に、苦手な科目を聞いてみると国語と歴史ということらしい。ま、確かに納得・・僕の得手が苦手というところも面白い。同じ首席と言ってもずいぶんキャラが違う。


K嬢の話を聞きながら、ふっと学生時代のことが頭に過った。

コンサルタントという芸者稼業

昨日は、中部小牧の自動車部品メーカーでベテラン社員を部下に持つ部長陣向けの研修でした。先週、先々週と講演機会が続いたのだけど、久しぶりの研修ファシリテーション

 

受講者の表情をみながら発言を引き出し、言葉を紡ぎ合わせながら気づきを与えていく研修。一方的に話す研修よりもライブ感があって楽しい。

 

研修コンテンツの開発では多くの人の協力を得ました。そして、ラストワンモーメントの役割。緊張することなく場に対峙できるのも、芸者稼業で舞台を多く経験させてもらったからこそ。

 

コンサルタントは芸者みたいなもの」高橋俊介さんは著書「コンサルタントは付加価値で勝負する」でそう表現しています。

 

自らがもつ芸によって相手のニーズを満たすという点で、コンサルタントは芸者に似ている。そして一人前の舞妓・芸妓さんにはどのような過程を経てなっていくのか。彼女たちが身に付ける芸は、どのようなものか・・。これを子細に見て行くと、なるほど確かにコンサルタントというのは芸者に似ているのです。

 

-舞妓・芸妓さんとコンサルタントの対比

<ベーシック>

①舞⇒プレゼンテーション
②行儀作法⇒ロジカルシンキング、仮説思考
③着付け⇒ドキュメンテーション(スライド作成、ライティング)
④接客術

<アドバンス>

⑤三味線⇒調査・分析・レポーティング
⑥唄⇒講演、講師、ミーティングファシリテーション

 

舞妓さんは、置屋で5年くらい修業してベーシックを身に付け、芸に磨きをかけて襟かえする。その後も芸に磨きをかけて一流を目指していく。ピンの芸妓として道を究める人、お茶屋さんを始める人、お客さんに引かれる人・・・

コンサルティングファームは、花街の世界で行けば置屋お茶屋さんみたいなところ。考えてみれば、僕は新卒から40歳までファームで一人前の芸妓さんになるべく幅広い芸を身に付けさせてもらいました。

 

「芸は身を助く」といいます。長年の置屋お茶屋暮らしで磨いた三味線や唄は、普通の人には簡単に真似ができない。お蔭で様々な土地、お客さんのお座敷に上げてもらえる。本当にありがたいことだと思うのです。

 

未来の花嫁

お父さんの会社で一緒だっていうお嫁さんとっても綺麗な人だね。笑顔がとてもいいね…私も結婚したいなあ…


「結婚できるのかい?」笑


『できるよ、私』


「そうかあ。でもまず、相手を見つけなくちゃな。そしてな、相手がいたとしても今の男性は、リードしてあげないと結婚には向こうから踏み込んでくれないよ」


『分かる。責任をとりたくないんだよね』


「そうさ、自信が無いから責任のかかる意思決定を自分では取れないのさ。だから、ズルズル交際なんてしたら、何時までもそのまま。都合のいい女扱いされるからね。気をつけるんだぜ」


『確かに、バイト先の店長も8年間交際してるのだってさ。ようやく結婚するかって感じで部屋を探してるみたいなんだけど、難しいなあ』


「まあね。お父さんなんて、お金も地位もなかったけど、根拠のない自信というか、エネルギーがあったんだよね。そもそもこういうのは、計算して責任がとれる取れないって先に考えるモノじゃないからね…」


『サークルの合宿にいっても、夜に虫が出ても男子はつまんで追い出すこともできないでみんなで騒いでるんだよ…私、ゴキブリはダメだけど普通の虫なら平気だから、つまんで外に出したら、驚かれちゃった』


「やれやれ、結婚どころか虫も掴めないとは…しかも女の子の前で見栄も張れないのかねえ」


『意外とそうなんだよね。結構格好のいい男子がいたんだけど、向こうから誘っておいて高速、ガソリン、食事代を完全にワリカンにしようとするから、これはないわあ…って思っちゃった』


さて、彼女はどんな人と結婚するのかしら…