Homare's Diary

組織人事コンサルタントの徒然日記です

大人の彼女

プロジェクトで一緒になったことのない、入社1年足らずのメンティとの1on1。4月から担当となった彼女においては、手持ちの情報が絶対的に少ないのは否めません。一緒のプロジェクトでしたら話を良くしますから、相手のことは良く分かるようになります。そうでないといい仕事はできない・・と思っていますから。


スケジュールが立て込んでいたこともあって、何度かのリスケを経ての1on1。年度初めのこともあって目標設定をテーマにするところ。ですが、一度脇に置いておこうよ・・と話しました。


これまで彼女がどんなキャリアを歩んできたのか、これからどんな働き方をしてみたいと考えているのか・・それがあっての目標だよね・・そうじゃないと単に今年することだけを羅列することになってしまう。そんな目標叶えてもハッピーじゃない。それじゃ意味がないよね・・と。


なぜ僕らの組織に入ってきたのか、いつから組織・人事に関心を持つようになったのか・・数社の経験を経てここまで歩んできた彼女の話は、初めて聞く話ばかり。彼女がもっともやりたいと思っているテーマや価値観は、僕と被るところも相当にあります。HPでエントリーしてこの会社に来た経緯も僕と似ています。一見分からないのですが、彼女には明確なWillがあるのです。


「今のクライアントとテーマだけで満足してないでしょ?もっと様々なことをやってみたいと思っていません?」


『そうなんです。自分なりに経験を生かせるとは思っているのですが、それ以外のこともやってみたいんです。でも、この仕事では経験浅いからどこまで言っていいかわからないし、話してもあまり真剣に取上げてもらえなくて・・』


「多分ね、淡々と仕事に向き合っているように見えるから、まだ大丈夫だって思われたんだろうね。でもね、変に大人にならないほうがいいよ。僕らの仕事は、アサインされるプロジェクトで成長が決まっていくからね。内に秘めただけだと機会を逃しちゃうから、もったいないよ・・」


『別の人にも、そう言われたんです。変に物分かりのいい大人を演じないほうがいいって。私、昔はもっと尖っていてやりたいことは、自ら手を挙げてやってきたんですけど・・』


「こうして話してくれたりすれば、アサインだって配慮される。それに、やりたいテーマがあるのだったら自分で仕掛けてくれてもいいんだよ。僕だってここにきてそうしてきたし、それを誰も阻まない。それがここのいい所なんだから・・」


『そうですよね・・。早速動いてみます。目標の中身も変えてみようと思います。最近ちょっと元気なかったんです。でも、なんか元気になりました』


夕方、彼女から丁寧なお礼のメールに修正された目標シートが添えられて送られてきていました。そこには自分の過去の経緯から、なぜここにいて、これから何をやりたいのか。誰にもここまで話すことができなかった。全部聞いて分かってもらえて嬉しかった・・と書かれていました。


目の前に見えているもの、限られた情報だけで、その人のことを分かった気にならないこと。変に義務感にとらわれて目標設定シートのレビューなんてやらなくて良かった・・と思ったのでした。