Homare's Diary

組織人事コンサルタントの徒然日記です

嫌なら辞めたら?

新しいサービスを立ち上げるのであれば、不確実性を楽しみに変えられるメンタリティと周りを巻き込む明るさ、開放性がないとだめです。

 


『不』があるのが当たり前なのに、他責にして不満を募らせ不機嫌な顔をし、暗く引きこもっているくらいならさっさと辞めてしまえばいいんです。幾ら立派な経歴と経験を持っていたって、そんな人に事業なんて立ち上げられるわけがありません。

 


こういう人に限って、自分はすごいんだこんなはずじゃないんだ…というつまらないプライドだけは人一倍持っている。だから、ちょっと話す機会を向けてやると延々と『自分の話』をする。

 


何もない若い人なら話も聞いてあげましょう。でも相応の待遇にあるオッサンの自慢と不満話なんて聞くだけ無駄です。自己愛の強い人間の溜飲を下げるのに加担してもいいことなんて何もありはしませんから。

 


ちょっと冷たいけど、そういう甘えたオッサンは自分に問題があることを真摯に受け止めて態度を変えた方がいい。まあ、誰も寄ってこないし、話しかけられない時点でイエローカード

 


自ら機会を創り出せず、自らを変える意思がない人は、創業ステージには要らないのです。