Homare's Diary

組織人事コンサルタントの徒然日記です

選ばない幸せ

選べる幸せというが、選択肢が多いほうが人は幸せなのか。大切なことは、選べないほうが幸せなのだと思う。 学校、会社、恋人、パートナー。人生において大事な選択だ。これらにおいては、意図して選択肢を作らないようにしてきた。結果として、選択ができな…

乃木坂のミルクティー

『うまい紅茶が飲める店があるんだ。行かないか?』 大学一年の6月下旬。僕は、前期試験勉強のためにO君の浪人時代からの行きつけの場所だという赤坂図書館に来ていた。乃木坂から程なくのところにあるこの公立図書館は、場所柄もあってか人気もまばら。試験…

366日

上白石萌歌さんが歌う366日。午後の紅茶のCMにも使われています。舞台は、南阿蘇鉄道 見晴台駅。熊本のクライアントで研修企画をしていた時には、南阿蘇鉄道には何回か乗りました。 雄大な阿蘇山を望む路線で、ひっそりと佇む駅舎の様子や流れる空気の感じは…

キャッチボールの基本

対話は聴き合いと伝え合いの確認作業であり、キャッチボールに似ている。 キャッチボールの基本は、相手の胸に目がけて捕りやすいボールを投げること。一方的にボールを投げることや、力任せの剛速球を投げることは、キャッチボールじゃない。 まずは相手の…

寄り添うやさしさか、突き放す愛情か

相手にいつでも寄り添ってあげることが愛なのか、というとそれは単なる「やさしさ」であってときに「愛」ではないと思うのです。 弱さや辛さを抱えて一人では立っていられない人がいたとします。その人に対して、「やさしさ」という支えをしてあげることも必…

職場の孤独

急速かつ複雑な技術進歩は、職務の高度な専門分化を必然的に生み出す。また、短期的視点で効率化を推し進めていくと、マネジメントに特化する人材は置けなくなってくる。 これによって起きる問題は、自分の仕事を理解する、見てくれている存在が、現場に皆無…

スマホロスの生活

先日の回線不通で携帯が使えないというのは想像以上に不便だなあ、と感じていた矢先今度は端末がやられてしまったのです。 2年前から愛用のiPhone7。バッテリーがヘタってきていたので、Appleのバッテリー交換キャンペーンを使って新しくしたところまでは良…

好みの異性のタイプは?

好きな異性のタイプは誰ですか?飲み会などではよくある質問です。これって昔から答えるのにとても困る質問です。芸能人だったら、誰ですか?とかね。 見た目のタイプや性格って特にないので、特定ができません。恐らくですよ、女優さんであろうが誰であろう…

正論突破の代償

『なぜ私に事前に情報を共有してくれないのか』 『一緒にやっている上では、影響があるのだから周知してほしい』 実に正論な訳です。でも、この人に従うことにはどこか抵抗があるのです。 なぜなら、意見は色々言うものの相手やその後のことをちっとも考えて…

献身ができるプライド

献身とは自己を差し置き、相手の期待、不安に立脚した対応を取ること。 最上:相手が期待していた以上のものを早く作る上:相手の期待にはいかないが、早めにアウトプットを出し修正をかける並:相手に言われたとおりのことを期日までに上げる下:「当人が考…

視線を意識する意味

様々な企業の50代社員を見る機会が多い。社員の発するオーラに、企業特有の「色」というものはあるけれど、50代ともなると外見や印象における”個人差の大きさ”というものをとかく実感する。 もはや疲れ切って老人のようになってしまっている人、まだまだ若さ…

ランチタイムの憂鬱

学校や職場でランチを共にする仲間がいないことに恐怖を覚えるコミュニケーションの葛藤を抱える人が増えているのだそうだ。それを恐れるがあまり、トイレでお弁当を食べたり、会社を辞めてしまう人もいるのだとか。もしくは、それを恐れるがあまり気の合わ…

Brand-new way

オフィスが南青山に移転した先週。初めての自転車出勤。先週、試しに交通費が一番安い定期券申請ルートとなる電車ルートで行ってみたのですが、当たり前だけど目黒線は激混み、列車が駅ごとでつかえて進まないこと進まないこと。ドアドアで50分くらいかかっ…

運とご縁の晴れ舞台

日経主催パーソルG協賛の「人と組織の未来アカデミー」。これまで行ってきた調査・研究、ソリューション開発PJの集大成の場でした。 キーノートスピーチは、守島先生から急遽米倉誠一郎先生に変わったのですが、米倉先生ファンの僕としては、久しぶりに先生…

ソフィーの面影

年末が近づいてくると永らく賀状だけのお付き合いをしているMさんを想い出す。彼女は小学生の時の塾から大学まで一緒の環境だった。子供の年も一緒で、もう少しで子供も同じ学校になりそうだった。最終的には異なる学校となり、僕も彼女とはクラスや学部が一…

見えない鎖と一期一会

『娘がパーソルでお世話になってるのですよ…今日の講師が石橋さんだって言ったら、知っているって…』 研修が終わると一人の受講者がにこやかに声をかけてきた。クラスでも最もベテランとおぼしき感じだが、眼に強い光が宿っている。 一年近く設計してきた総…

未来のことは未来の自分に任せよう

32歳にして胃癌で早世されたニュースキャスター黒木奈々さんの著書タイトル。言葉に尽くせない絶望と苦しみを経た方ならではの言葉です。 世の中には、自分ではどうしようもできない大きな問題が突如として降りかかってくる事があります。なぜ自分なのか、と…

カプリ島の煌き

MX TVで放映中の「JoJoの不思議な冒険 第五部黄金の風」。ローマ、ベネチア、ナポリ、カプリ島などを舞台として物語が展開されていきます。ちょうど、今週はカプリ島での攻防だったのですが、アニメーションにおけるカプリ島の描写が実にリアルで、2年前の…

締切は守る人なのです

旧知の方からの推薦があり、労政時報から出版される書籍の執筆をしたのです。タイトルは「65歳定年に向けた人事処遇制度の見直し実務」。複数の実務家による共著。原稿は約12000字。依頼日は9/7。入稿日は10/23。出版は12月・・とんでもないスケジュールです…

Plastic Love

竹内まりやさんの歌詞は、山下達郎さんとのおしどり夫婦の側面とは打って変わって、クールでドライに男を手玉に取る計算高い女性の心の内が描かれていて面白い。 Plastic Loveなんてその典型の歌詞。 でもこの歌詞はよくよく見ると、刹那なゲームで気を紛ら…

Female colleaguesが教えてくれたこと

自分が感じたこと、考えたことに素直であること。 一見、シンプルなようなことでありながら、集団の中でこのスタンスであることは難しかったりする。素直なスタンスを取ることで、周りからどう思われるのか、セーフティゾーンが侵食されるのではないか。そう…

おとぎばなし

薬師丸ひろ子さんが歌う中島みゆきさんの曲には素晴らしい曲が多いですが。この歌も間違いなくその一曲でしょうね。一位は、未完成かな。 しかし、こんな短い歌詞の中に人生の本質を抉り取って描き出している中島みゆきさんって、本当に尊敬します。 『おと…

走ることと歌うこと

週末は長距離走と教会で歌うことが大切なルーティン。前者は肉体的、後者は精神的なデトックスであり、活力の源。どちらかが出来なかった週末は、翌週なんか調子が出ません。 先々週の日曜日は、教会で七五三のお祝い日。普段のミサは別々ですが、この日に限…

男のプライド

「年上男性部下がつく可能性が一番あるのが、Wさんだと思うのだけど。大変だと思うんだよね。身近なところを見てもね」 『やっぱり、男性にはプライドがあるからなんだと思います。ものが分かっていなくても、分かったふりをしてしまう・・』 「そうなんだよ…

差し出した若さ

普段は寡黙で感情をあらわにしない親父は、酒を飲んだときだけは饒舌だった。酒の力を借りないと本音の話ができない不器用な性格。だから、毎日外で飲んでくるか、家でも晩酌が欠かせなかった。その習慣が寿命を縮めたのは間違いない。 そんな親父と僕は性格…

武士は食わねど高楊枝

恋愛依存。誰かに寄りかかっていないといられないという人がいる。 こういう人における恋愛の目的は、自分の中にある穴を埋めること。相手への自己犠牲の愛ではない。問題なのは、誰かに埋めてもらおうと思ってもその穴は永遠に埋まらないということ。穴を埋…

One step closer

大学のときに好んで聞いていた永井真理子さん。漆黒のトンネルから抜け、たどり着いた場所。希望通りの大学と学部。毎日が輝いて見えた。そんな毎日に彼女の曲はマッチしていた。 誰もが皆 心の中で描いている生まれたときに ほら 授けられた白いキャンパス…

命の力

37年に及ぶ「流転の海」の完結にあたってNHKニュース9が、宮本輝さんの自宅に赴き行ったインタビューを放映していました。 宮本輝さんは、25歳の時に重度のパニック障害に陥り、一人では電車にのることの出来ない体になります。彼は、当時結婚したばかりで子…

意識と感覚

先日、養老孟司さんの講演を聴く機会がありました。話の内容は、最新著書の「遺書」の内容からだと思われるのですが、非常に興味深く、記憶に残ったものを書き留めておきます。 「意識」が何によって成立しているかは、現代の科学をもっても未だに証明されて…

シティナビゲーター

昔から他人に道をよく尋ねられる。先日も新宿南口の高島屋入口付近を歩いていると、中国人の家族連れにわざわざ覗き込んで道を尋ねられた。何でも、ディズニーランドにバスで行くので、バスターミナルはどこなのか?ということらしい。エスカレーターに一緒…